ユーザーが満足するコンテンツ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての女性に幸せを...

世の女性のために書きます。

セカンドオピニオンの大切さ。

こんばんは。

 

皆さん最近では聞き慣れた『セカンドオピニオン』ですが、それを実行できている人は少ないように感じています。

 

セカンドオピニオンは文字通り直訳すると『2つ目の意見』です。

 

既に意見を頂いた医者(先生)を疑う行為と思ってしまう人もいるのではないでしょうか!?

 

ですが、そんな事はない!と言うのが私の意見です。

 

ここからは私の体験した時の話ですが、最初に行った病院で症状が改善されない時に他の病院へ行き、その後また最初の病院へ行った事があったんです。(風邪を拗らせた程度)

 

その時私はお決まりの台詞で『実は他の病院でこう言われたんですけど、どうでしょうか?』的な事を言ったんです。

 

すると先生は何やら気に入らなかった様子で、、、その後は空気が重たかったです。

(私の捉え方もありますので断定はできませんね)

 

あくまで私の意見ですが医者の方はプライドが高い人が多いので、このような状況では不機嫌な態度をあらわにする医者も多いのでは?と思ってしまいます。

 

当然ながら、そのような医者ばかりではありませんが、、、そのような医者が存在するのは確かではないでしょうか?

 

でもそれを恐れてセカンドオピニオンを断念するのは間違いです。

 

その医者が完璧なんて事はありえません

 

真の医者なら、他のお医者様の意見を受け入れ、参考にするべきなんです!

 

なので明らかに不機嫌な態度を出すような医者はクソ医者です。

 

そんな時は『サードオピニオン』をもらいましょう。

 

 

 

少し話しを戻して、、、

 

プライドが高い医者と感じる事は誰にでもあるのではないでしょうか!?

 

もう一つ経験談を話すと、私が高熱38度前後)で苦しんでいた時の話です。

 

当時インフルエンザが流行っていた時なんですが、最初に行った病院では検査もなにもなしで熱冷ましをもらっただけ。

 

もちろんその時『インフルエンザでは?』と質問もしましたが、、

 

その時クソ医者が言ったのは『インフルエンザはこの程度の熱じゃありえない!』でした。(プライド高ッ!って思いましたね)

 

私の平熱知ってるの!?って言いたかったーー(熱でそれどこじゃなかった💦)

 

結局熱が下がらず、他の病院で検査したらインフルエンザでした。

 

このように運悪くクソ医者にあたると無駄に苦しむ訳ですから、セカンドオピニオンの大切さがわかりますね。

 

私の場合は風邪やインフルエンザ程度ですので死に至る可能性は低いと思われますし(インフルエンザは死ぬ可能性もありますが)別にクソ医者を恨んではいませんが、

 

もしこれが死に至る可能性が高い(手術を伴う)状況で、死んでしまったら、、、

って考えるとゾッとしますね。

 

皆さんも

知識が乏しいくせに無駄にプライド高い医者に当たってしまう事もあるでしょう。

 

しかしそんな時こそセカンドオピニオンを受けて下さい!

 

他(外部)からの意見を広い心で受け入れ、それさえも自分のモノ(知識、経験など)にしてしまう神のような先生は必ずいるはずです!!!

 

そのようなお医者様に当たるまで意見を求め続けて下さい。

 

そうする事で、『医療界の更なる発展』『苦しむ事から解放される人が増える』事を心より祈っています。

 

皆さん、体調管理をしっかりして毎日元気に楽しく過ごして行きましょう!

 

おわり。

 

 

ー追伸ー

少々、口が悪かった事を御許しください。

テレビの診療シーンを見ていたら、思い出しイラつきになりまして、、、

お恥ずかしい。

 

 

すべての人に健康を.....